猫の置物
e0057699_14124195.jpg毎週土曜日に行われるUppsala(ウプサラ)@Swe駅近くのバクサラ広場のフリーマーケット。野菜や果物、アンティークの掘り出し物やガラクタが一杯出店されます。
毎回同じお店が出店している訳でないので、当たり外れはありますが、時には格安でお宝や可愛い雑貨なども見つかります。こんな感じ↓。
e0057699_14145511.jpg

そこで見つけたCuteな猫の置物です。
e0057699_1417161.jpg

体は木製、お耳は皮製、体はラビットで作られているとても古い置物。時を重ねた皮製のお耳があめ色で可愛いですね♪
[PR]
# by mag_swe | 2005-10-28 14:09 | 雑貨
iittala 「ORIGOのコーヒーカップ」
「Origo」と言えば、Alfredo Häberli (アルフレッド・ハベリ)デザインの鮮やかなストライプが可愛い「iittala」の人気商品。
そのOrigoシリーズの中でちょっと異色な商品がこちらのコーヒーカップです。
e0057699_12551763.jpg

このカップのロゴ、実は3通りあります。iittalaの「i」マークの赤・青バージョン。そして、Origoの発売当初、スウェーデンの「 Rörstrand」から発売された名残を残す「R」マークです。e0057699_1302020.jpge0057699_132254.jpg
同じモノでもロゴが色々あるとそれぞれ欲しいものですよね?私もそれぞれのロゴを2個づつ×3パターン=6個を購入しました。
ところが昨日、ショッキングな出来事が!!食器の並び替えをしている時にナント、2個が落下。。。ガッシャ~ンと。涙
e0057699_1371250.jpg

それも、お気に入りの「Rörstrand」バージョンを両方ともです。
かなりショック・・・・。割れ物の取り扱いには注意しましょうね。
[PR]
# by mag_swe | 2005-10-27 21:43 | キッチンウェア
Svenskt Tennのtextil「Hawaii, brown」@Sweden
Svenskt Tenn (スヴェンスク・テン)については、以前に「イタグレ~」の方でご紹介しましたのでそちらをご覧下さい。

Svenskt Tennのtextilを初めて見たときは、その大胆な柄に圧倒されました。そして何よりもSHOP全体の雰囲気が素敵なので、見る物すべて欲しくなってしまう不思議な場所なのです。
Svenskt Tennはホント、好きでストックホルムへ行くと必ず立ち寄ったSHOPの一つです。
テキスタイルはもちろんの事、ここには様々なデザイナーの新作の選りすぐりが集められているので、何が今Sweで旬なのか一目で分かります。
NK内にあるSHOP「NK Inredning」や「NK Classic Home」などと同じ商品のセレクトも多く、その事からも見逃せないスポットの一つでした。

Svenskt Tennの商品は今後、沢山UPする予定ですが、今回は王道のtextilから1点ご紹介致します。
Doriも気に入ってくれてるカナ?↓
e0057699_1455736.jpg

Design: Josef Frank   Material: Linen
Width: 130 cm   Report: 180 cm
爽やかな白地に植物や動物の描かれているものがSwedenに最も好まれるのですが、あえてブラウンベースを選んでみました。
Josef Frankがデザインしたテキスタイルの中で最も1パターンの大きなタイプで1パターンの長さが180cmあります。
ハワイをイメージして描かれた植物。正直、初めて見たときは「大胆!」としか言葉が無く。笑。
私にはまだ早い様な柄?とも思えたのですが、何度も見ているうちに、と、言いますかスウェーデンでの生活を重ねるうちに「自然に対する気持ち」に変化が出てきて、いつの間にか好きになっていました。(Swe人の自然を愛する気持ちが解ってきたのかしら?!)

Svenskt Tennのお店では、1/2の大きさで絵のようにキャンバスに張られて飾られておりましたが、切るのは惜しみないので当分はこのままで・・・。
素材がLinen(麻)なので、他の用途にも使ってみたいのですが何に使えるでしょう?
加工するのは勇気がいるし・・・。現在悩み中です。

e0057699_273120.jpg※先日、Svenskt Tennの商品を扱っている丸ビル(東京)の「BEAMS HOUSE」を訪れました。商品の数は限られていますが、Sweの馨りが漂っていましたよ♪
11月に商品が沢山入荷するとの事なので、ご興味のある方はどうぞ。
[PR]
# by mag_swe | 2005-10-25 23:14 | インテリア
「Orrefors」のキャンドルホルダー
「馨しの北欧プロダクツ」を始めるにあたって、第一弾を何にしようか?とっても悩みました。
どれもお気に入りで、甲乙付けがたいのです。笑。

と、言うことで思い出深い1品を記念すべき第一弾にしたいと思います。
Orreforsのキャンドルホルダー「Ice Cube」です。
e0057699_18305558.jpgこれは、帰国日前日にプレゼントで頂いたものです。最後のプレゼント。と言う事で記念すべき代物であるとともに、私の頭を悩ませた子達でした。Crystalで作られている為とても重いのです!重さは1つ800g。それも×2つ。手持ちで持って帰る荷物は限られており、おまけに犬連れ・・・・。手の掛かる子程可愛いと言うのは言うまでもありません。苦笑。
Swedenと言えば「ガラス」と頭に浮かぶ方も多いのでは?
Orrefors」(オッレフォシ)は1998年に100周年を迎えたスウェーデンを代表するガラスメーカーの1つです。
Kosta Boda」を個性的で芸術的と表現するならば、「Orrefors」はシンプルで洗練されたデザインの物が魅力的と表現するのがふさわしいのではないでしょうか。
キャンドルを灯さない時↓。ずっしりとしたCrystalのCube。
e0057699_1837697.jpgシンプルで何気ないデザインなのですが、これがキャンドルを灯すことで素晴らしく輝くのです。計算された灯りの屈折。キャンドルホルダー程、使ってみないとその良さが分からない物は無いと言って過言ではないかもしれませんね。

神秘的なキャンドルの灯り。冬の長い北欧の人々の楽しみでもあります。皆さんもご一緒に如何ですか?
e0057699_18411319.jpg

Orrefors社のガラスはアンティークとしても国内外を問わずとっても人気があります。爽やかなカラーガラスのアンティークもステキですので、ご旅行の記念に探して見るのも楽しいですね♪
[PR]
# by mag_swe | 2005-10-21 18:57 | インテリア
はじめまして。
スウェーデン在住時に出会った、ステキなモノたち(北欧)をご紹介して行きたいと思っております。
洗練されたデザインから、素朴で心温まるモノたちまで。
お写真を中心にUPしていきます。
北欧の馨りをお届け出来たら幸いです。
どうぞ、ヨロシクお願い致します。

スウェーデンでお世話になった方々に感謝の意を込めて。  mag
[PR]
# by mag_swe | 2005-08-26 06:00 | ひとりごと



スウェーデン在住に出逢ったステキなモノ達をmagがお届けします。
by mag_swe
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30